2008年 04月 28日
恐るべし道のり
来月2日まで帰ってこない予定だったパパが
何を思ったか突然金曜の夜に帰ってきました。

今朝またいったん戻る、とのことだったので、あまり遠出はせず
「矢田山の広場から矢田寺までお散歩しよう」ってことに。

矢田寺は行ったことがないからどこにあるか知らないけど
きっと広場から近いよね、と暢気に出発。



d0113561_10114983.jpg


ハイキングコースっていうより、むしろ原生林。
こんな道をずっとずっと進みます。


d0113561_10145289.jpg

先月大きな桜が咲いていた東明寺まで到着。
幻想的な空間に引き込まれるように横道にそれたら
すごく古い大きなお墓があって行き止まり。
お寺の僧侶さまのお墓でしょうか。
慌てて手を合わせているパパが可愛かったです。



d0113561_10201746.jpg

行けども行けども、あるのは道しるべばかり。
本当にこの先にあるの?騙されてない?


この前は山道の途中で 「カツーン」という音が聞こえて不思議でしたが
今回は 「ボゥ~~~~・・・」 そして 「ザザザッ・・・」という音。
竹で光が遮られた場所で聞こえると、ビクッとします。
電球ひとつない山道なので、日が落ちてから一人でここにいたら
この音に腰を抜かしてしまうかも。

お昼は野鳥の声がすぐ近くで聞こえます。
聞いたことのないような鳴き声、多し。


途中で見つけた不思議なモノ。その1。
d0113561_1036014.jpg

灯油缶のようなものにひらがながペイントされています。
いくつか見ましたが、それぞれ違うひらがなが書いてあるの。
これって何かな。
もしかしたら、山道は何か事故が起こって連絡しようにも目印がないから
「『そ』付近で火災発生!」とか
「『た』から南へ200メートル地点で通行人落下!」とか
場所を知らせるためのものだろうか??



途中で見つけた不思議なモノ。その2。
d0113561_10425978.jpg

ワタクシなど足元にも及ばないダイナミックな脱輪現場。
これの何が不思議かって?


d0113561_10511061.jpg


道幅が車の幅よりはるかに狭い。絶対車は通れません。
どうやってここまで来たのかっちゅー話です。
空から来た、以外の答えが見つかりません。

Oh!ミステリー。



d0113561_10283395.jpg

まだかまだかと進んでいたら、すっかり山を降りてしまったYO!
どこにあるのー。矢田寺さーん。


前から歩いてきたお年寄りに、「矢田寺はあとどれくらいですか」と尋ねたら
「ずぅっとやねぇ。」
と答えてくれました。

そうですか、ずぅっとですか。(涙) 頑張ります。


d0113561_10313195.jpg

暑さに弱いるびがちょっと心配。
抱っこしたけどすぐ降ろす。(爆)
だけど元気。よかったー。


そしてようやく

d0113561_10532047.jpg

ツイター!やった~。
こんなに遠いって知ってたらきっと来なかっただろうな。
頑張ってきたかいあって、立派なお寺でした。

参拝をして、喉渇いたな。。と思ってたら
頑張った人にはご褒美があるのです。
「カフェ&ふるさと工房」の看板見っけー♪


d0113561_1056095.jpgd0113561_10561221.jpg


これがまたいいお店で。(感涙)
入り口にわんこを繋ぐ場所があるのですが(コーギーがいるところ)、テラス席はわんこOK!


d0113561_10584826.jpgd0113561_105909.jpg


ロケーション最高。気持ちいい~。
矢田寺よりこっちがメインになりそー。(笑)


さて、帰りはまた同じ道のり。。。できればズルしたい。。。
お店の方に「近道はありませんか?」と尋ねたら

「ありませんね~!頑張って!」

はい。頑張ります。(涙)


d0113561_1145481.jpgd0113561_115468.jpg

行きでは気づかなかった花をたくさん見つけたからいいか。
山道はその辺に咲いている花もダイナミック。
大輪のボタンを持って帰りたい衝動にかられましたが
ぐっと堪えました。


帰りはカフェから駐車場まで丁度1時間でした。抱っこなし!
去年よりずっとるびの体は丈夫になったと思います。^^
疲れているのに、帰ってすぐにシャンプーされて
るびたんそのまま撃沈。 おやすみー。

昔は山道歩きなんて全然好きじゃなかったけど
るびと一緒ならどこでも楽しいです。^^
[PR]
by ruby1011 | 2008-04-28 11:35 | お出かけ
<< 平城宮跡地とせんとくん キターーーーーーーーッ!!顔 >>