2008年 04月 30日
平城宮跡地とせんとくん
昨日はまたまたリック家と共にお洋服の撮影を兼ねて平城宮跡地へ。
いつもデートのお邪魔虫ばかりで申し訳ないのですが
もうこの際、扶養家族にしてください。


平城宮跡と言えば、避けて通れない話題は。。。



この方。

d0113561_9401061.jpg


平城遷都(せんと)1300年祭マスコットキャラ、「せんとくん。」
今まで腫れ物に触るように、あえて話題にしませんでしたが
もう避けられない。


マスコットキャラクターを募集すると聞いた時点で
ある程度予想はしてました。
でも、初めてこの子を見た時の衝撃は予想を遥かに上回り


「やってもうたー!」ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
(タキさん、顔文字いただきました)

どうしよう、どうしようとオロオロするばかり。
別にどうもしないのですが。


この子をデザインしてくださった方には本当に申し訳ないのですが
「もうちょっと何とかならんかったものか。」と愕然としました。

名前も、公募する必要もなかったんじゃないか、っていうぐらいそのまんまな名前ですが
外国人の方には 「Saint(セイント)・・・聖人」みたいで
馴染みやすいかな。(唯一の救い。)


奈良県民は素直なんです。
奈良→僧侶→童子→鹿→合体!!

大阪商人のように、
「キャラクターグッズにした時、荷造りしにくいやないか!」とか
「これじゃ売れんだろ!」とか考えない。実に素直。そのまんま。


だから市のど真ん中にあるあの広大な敷地だって

d0113561_9285970.jpg


立派ですよね、朱雀門。
だけど、甲子園球場30個分の敷地に「これしかない。」なんて
いったい誰が考えるでしょうか。(資料館はあります。)

これ以外、後は野っ原。 信じられない。

d0113561_1314505.jpg
                                           平城宮跡パンフより転載

敷地内を堂々と近鉄電車が走っております。

常々、リックパパとは
「ここに平城京を全部再現して、平城京ホテルを作ったら世界から観光客来るよねー」と
話しているのですが

万一そうなったとしても、(ならんけど。)
田舎の農家のオバちゃんの家にフランス貴族が大群で押しかけてきたような対応になり
「もてなしたいけどどうすればわからない、オロオロ。」と
県民が疲労困憊で倒れてしまうのでは、と思われ。

やっぱり、のんびり、おっとりの奈良は
「よかったら来て下さいね。何もできませんけど。」のスタンスが馴染むかなぁ。

そこがいいんです。そこが奈良の良さ。(若干自己暗示。)


せんとくんも、見慣れると可愛いんです。
ポーズも色々あるの。見て見て。



d0113561_9302298.jpgd0113561_9304563.jpgd0113561_931562.jpgd0113561_9331738.jpgd0113561_9345033.jpg


どうですか、慣れてきましたか?
よく見ると可愛いでしょう?可愛いよね。可愛いと言ってー。

せんとくんに反対する団体が新しいキャラクターを募集してるみたいなんですけど
そうなると、なんだか不憫で。

だって

(そっちの方が可愛いに決まってる。。。(小声))


みんな、せんとくんのこと見捨てないでね。


我が家からも応援隊長を送ります。

d0113561_13595221.jpg

た、頼りない・・・・。


それから

d0113561_9434573.jpg

こんなのも発売しちゃうみたいだけど
鹿汁100%じゃないから、飲んでも大丈夫だからね。(多分)
心配しないで。




平城宮跡地でのおふたりさん。

d0113561_9425791.jpg

めずらしくるびに突っ込むリックくん。
なんて命知らずな。
リックー逃げてー。


d0113561_9455022.jpg

ママ達が朱雀門を見学してる間、(朱雀門だけわんこNG)
リックパパがリックとるびを連れてお散歩してくれました。

だけど、戻ってきたママ達の姿を見たとたん、必死だし。(汗)
リックパパにありがとう言いなさい!


mikakoさん&リックパパさん、いつもありがとうございます。
[PR]
by ruby1011 | 2008-04-30 09:54 | お出かけ
<< ゴールデンウィークの日記 その1 恐るべし道のり >>